静岡茶の製茶&販売はカトウ製茶へ。お茶の産地・静岡県で製造しています。

静岡茶の製茶&販売はカトウ製茶へ。お茶の産地・静岡県で製造しています。

製造工程

製造工程

茶葉の「刈り取り~乾燥」まで、まずはお茶農家さんの工程です。

  • お茶のイラスト

    一、茶葉を刈る

    四月下旬~五月上旬に一番茶のお茶の葉を刈り取ります。

  • お茶のイラスト

    二、蒸す

    つみ立ての葉に蒸気を当てて蒸します。こうする事で発効を防ぎます。

  • お茶のイラスト

    三、冷却

    蒸した葉を冷まします。

  • お茶のイラスト

    四、揉む/粗揉

    熱風を当てながら、葉を揉みます。こうして水分を少しずつ飛ばします。

  • お茶のイラスト

    五、揉む/揉捻

    お茶の葉に力を加えて揉みます。水分が均一になるようにします。

  • お茶のイラスト

    六、中揉

    お茶の葉の表面に浮き出た水分を乾かす為に回転させながら熱風を当てます。

  • お茶のイラスト

    七、揉む/精揉

    葉を細くなるように機械を前後に動かして更に乾燥していきます。

  • お茶のイラスト

    八、乾燥

    ここで十分に乾燥させます。こうしてできたお茶を「荒茶(あらちゃ)」と言います。

ここからが カトウ製茶の工場による「仕上げの工程」 です。
  • 九、仕上げ/篩い分け

    仕上げ/篩い分け

    形状が不揃いの粗茶を篩(ふるい)にかけて、
    見栄えの良い形に整えます。余分な粉も落とします。

  • 十、仕上げ/切断

    仕上げ/切断

    篩(ふるい)の上に残った大きな茶を、
    専用カッターで適切な大きさに切断します。

  • 十一、仕上げ/選別

    仕上げ/選別

    「毛葉(けば)」というふわふわしたものや、
    「茎(くき)」の削れたもの、異物などを取り除きます。

  • 十二、火入れ

    火入れ

    ここで、しっかりと乾燥させます。
    香りと味を引き出す大切な工程です。

  • 十三、合組み

    合組み

    お茶屋さんが独自のお茶の味を作り、
    品質を安定させるためにブレンドします。

  • 十四、異物除去

    異物除去

    お茶に混ざっているかもしれない異物を、
    人の目や専用の機械で検査します。
    最近の異物除去着の進歩は目を見張る
    ものがあります。

  • 十五、袋詰め・出荷

    袋詰め・出荷

    こうして出来たお茶を同じ重さに計量して、
    小袋やお茶缶につめて小売店に出荷します。

  • 十六、できあがり

    できあがり

    さあ!
    美味しいお茶が届きました。
    密閉して冷蔵庫に入れておけば、
    おいしさが長持ちしますよ。

カトウ製茶のこだわり

  • 株式会社カトウ製茶

    会社外観

    〒427-0111
    静岡県島田市阪本1435-4
    TEL:0547-38-4561
    FAX:0547-38-5806

ページトップ